カナダ・トロント旅行記

トロントにいこう!

スポンサードリンク

NY留学中に、カナダはトロントに旅行へいきました。
日程は、2013年2月23日から26日までの2泊3日。
トロントでワーキングホリデー滞在している友人のもとへ遊びにいくことにしました。

 

この時期NYはとても寒く、気温は大体0度前後です。
日本にいる間は超寒がりだった私も、かなり寒さに強くなりました。

 

それより北の位置にあるカナダ…友人からも「雪がほぼ毎日ふるし、寒いよ〜」と聞いていましたが、留学も終盤にさしかかりややホームシックだった私…気づくとNY⇔トロントのチケットを探しておりました。
えぇ、寂しかったんです。
気心知れた友人と心置きなく日本語でしゃべり倒したかったのです。

 

アメリカNYからカナダのトロントへの交通手段は、だいたい飛行機かバスです。
飛行機だと2〜3時間で到着なのですが往復で約5万円(時期などにも寄り変動しますが、私の旅行時はこれくらいでした。)ほどかかります。
それに合わせて空港までの移動時間&交通費も考えると結構な出費…。
バスですと、予約の時期などにもよりますがかなり安くチケットが買えます。
有名なのは「MEGABUS」。

 

MEGABUS。サービスエリアでパチリ

MEGABUS。サービスエリアでパチリ!

 

様々なロケーション間を運行しており、予約時期が早いほどチケットも安く買えます。
いろんな時間帯の組み合わせが検索できて便利。
友人からも勧められ、早速検索すると往復1万円ほどで予定していた日程に沿うバスの予約が可能だったので即決しました。

 

ちなみに生粋のアメリカ人な語学学校の先生曰く、「ネットの掲示板で探したら、トロントまで車で相乗りさせてくれる人みつかるわよ。
ガソリン代をシェアするくらいだから安いし、お得よ〜、バスって窮屈だし、トロいし、絶対ソッチの方がラクよ〜。HAHAHA」とのこと。

 

アメリカ(海外全般?)ではcraiglistという大型のネット掲示板があり、そこで家具をあげたりもらったり、友人をつくったり恋人をさがしたりするのがかなりメジャーな行為らしいのです。
なんとも日本人の気質には合わないシステム(日本版もあるみたいですが)。
小心者かつビビリで心配性な私の選択肢に入ることはありませんでした…。

 

そんなこんなでチケットもゲットし、いよいよあとは出発当日を待つのみ。
荷造りですが、2泊3日なのでキャリーバッグではなくボストンバッグにしました。
友人宅でお世話になる予定だったので、着替えや化粧品など最低限の装備を当日の朝にポイポイっと詰め込んで、いざ出発!

スポンサードリンク

カナダ・トロント旅行記ブログ目次

カナダ旅行記1日目

カナダ旅行記2日目

カナダ旅行記3日目

カナダ旅行記最終日

運営情報