Casa Lomaを観に行こう:カナダ・トロント旅行記

Casa Lomaを観に行こう

スポンサードリンク

2日目は朝から観光へ!
無事お湯が復活していたため安心しながら友人がつくってくれた朝食を食べてお出かけの準備。
トロントにはアジア系のスーパーがたくさんあるので、食料調達には困らないようです。
朝御飯はピザの残りとサラダでしたが、明日の夜は鍋しよう、って約束をした私たち(笑)。

 

この日、朝起きたときは雪はチラチラと降ったり止んだりしていましたが出かけるころには太陽の姿も見えるくらいのお天気に。
友人がいくつか観光地をピックアップしていてくれたのですが、寒さやお天気なども考慮しダウンタウンからあまり遠くない場所にいくことにしました。

 

まずは「Casa Loma」です。
Casa Lomaとは、お城のような建物のことです。
むかしむかし、ナイアガラの滝の水力発電によって富を得たお金もちの人がたてたそうです。
地下鉄で最寄り駅までむかいます。

 

地下鉄の駅

 

最寄り駅からは徒歩でいけるそうで、街の看板を頼りに向かいます。
15分ほど歩くと入り口を発見。
階段をのぼるとそこには中世ヨーロッパを思い出させるような立派なお城が!雪化粧をしてとてもキレイでした。
お城の隣にある公園のようなところから、パシャパシャと写真撮影。

 

カサロマへの道

 

歴史を感じる佇まい、カサロマ

歴史を感じる佇まい、カサロマ

 

そこからお城に近づく入り口へと向かう道の途中に大きなリスが…。
昔はリスって可愛い!と思っていましたが、海外ではリスってネズミみたいなもんだよ、って聞いてから大きなネズミにみえてしまう私。
しかもその道の途中にある公園のゴミ箱に入ろうとしているのです…。

 

あまりのサイズ感に友人と2人でビクビクしながら、その道を諦めてかなり遠回りをしてお城にむかいます。
本当は中を見学することも出来るのですが(有料)、当日は貸切でイベント?かなにかを行っていたようで入る事ができませんでした。
いろんな写真をとって楽しんだら、そそくさと退散です。

 

やはり、寒い。
外に長時間いると寒さが身に染みます。
旅行や観光をするときは季節や気候は大事ですね。

 

もし春や夏にトロントへ観光にこれたら、ナイアガラの滝まで足を伸ばしたいところでした。
真冬のナイアガラは危険なほど寒いということで断念しました。
いつかリベンジだ!

 

正面から見るとこんな感じです。

Casa Lomaは正面から見るとこんな感じです。

スポンサードリンク

カナダ・トロント旅行記ブログ目次

カナダ旅行記1日目

カナダ旅行記2日目

カナダ旅行記3日目

カナダ旅行記最終日

運営情報